環境保全の取り組み

KAMIKA黒髪シャンプーに大容量詰め替えパックが登場しました

ヘアケアだけでなく、
環境へのケアも考えたい。

2020年7月1日にレジ袋が有料化し、いっそう身近になった廃プラスチック問題
石油資源や焼却時のCO2(温室効果ガス)など、これまでも言われてきた問題に加えて、 海に流れ込んだプラスチックごみによる環境汚染も関心を集めています。

ビニール袋やストローなどの誤食で、命を落とす生き物も話題になりました。

さらに、プラスチックごみの一部は、次第に “マイクロプラスチック”と呼ばれる小さなかけらになります。この小さなプラスチックは、海中の有害物質を吸着させながら海の生き物たちの体に取り込まれていきます。そして、食物連鎖を経て私たちの体にも悪影響を及ぼすことが懸念されています。

「もっと環境のために」の想いから生まれました

地球環境のために、自分達にできることはないだろうか?
その想いから、KAMIKAはパッケージ改良の取り組みを開始しました。

改良に向けて試行錯誤を重ねる中、ご愛用くださるお客様から、たくさんの 「もったいない」「パッケージをごみにせず、詰め替えて使いたい」というお声をいただきました。

お客様の想いも、私たちと同じ。
皆様のお声に励まされ、この「KAMIKA黒髪クリームシャンプー 大容量詰め替えパック」が生まれました。

丸めたらこんなにコンパクト
プラスチック使用量83%削減 植物由来のボタニカルインキ使用 たっぷり1.5倍の大容量

※同じ内容量のKAMIKAクリームシャンプーのボトルと大容量詰め替えパックのプラスチック使用量の比較。重量は製造上多少の公差がございます。

まず、ボトル容器の使い捨てをストップすることから 。KAMIKAは、お客様とともに一歩を踏み出していきたい。

髪にも、地球環境にもやさしい在り方を目指して、サスティナブル(持続可能)な社会づくりと、ヘアケアの楽しさを同時に実現していきたいと考えております。

SDGsへの取組み