白髪染めカラートリートメントの使い方

白髪染めカラートリートメントの使い方 5STEP 白髪染めカラートリートメントの使い方 5STEP

※染める:物理的な効果により髪の表面を着色すること

使い方をおさらいしながら、お手入れがラクになるコツをご案内いたします!

ご使用いただく前に準備するもの
 本品 紙皿 ビニール手袋 タオル2枚 髪留め ゴミ袋 ご使用いただく前に準備するもの
 本品 紙皿 ビニール手袋 タオル2枚 髪留め ゴミ袋

使うものを先に用意しておくと、
スムーズに染められます。

お掃除をグッとラクにするコツ

1.「事前にお風呂場全体を」シャワーで濡らす

壁や浴槽が乾いていると、カラートリートメントの色が付きやすいです。
もし使用中に染料がついてしまったら、すぐに洗い流すのもポイントです。

2.紙皿に使用量を出しておく

染めながら付け足していくと、チューブや周りが汚れて面倒…
使用量より「少し多めかな?」という量を先に紙皿にとっておくことで、
スムーズに染めることができます。

使用量の目安 使用量の目安

さっそく染めていきましょう!

※染める:物理的な効果により髪の表面を着色すること

シャンプーを洗い流したら、いよいよトリートメントタイム!

1.タオルドライ

シャンプー後、乾いたタオルで水気をしっかり拭きとります。

ムラなく綺麗に染めるには、水滴が落ちないよう内側までふき取って。

2.髪に塗る

手に色が移らないように、必ず手袋をしてください。
白髪の気になる部分からなじませていきます。

塗るというより髪を覆うように「乗せる・盛る」イメージで広げていくと、ムラなく染まります。

※染める:物理的な効果により髪の表面を着色すること

頭皮が染まってしまうので、揉みこまないように注意!

3.10~15分放置

髪の長い方は体につかないように、髪留めでまとめてください。
時間を置く前に、顔や体、手などに染料がついていた場合はすぐに洗い流してください。

15分以上放置しても染まり方は変化しません。

4.すすぎ

ここでも手袋を忘れずに!
シャワーヘッドは地肌に近づけると、飛び散りを抑えられます。
お湯に色が付かなくなるまで丁寧に髪全体をすすぎましょう。

すすぎ終わったら、周りをシャワーで流すのを忘れずに!

使い終わった手袋や紙皿はまとめてゴミ袋に入れてしまうと、片付けがラク!

5.乾かす

タオルで水気をふき取ったら、ドライヤーで乾かします。地肌を軽くなでるようにして、内側もしっかり乾かしましょう。

ここで使うタオルは、色移り防止に
濃い色の
ものがオススメです。

染めるペースが肝心!

カラートリートメントは一般的な白髪染めと染毛の仕組みが違います。 使うたび徐々に色づき、白髪が目立たなくなります。

好みの色になるまで、最初の3~5日は連続して使ってください。
その後は週に1~2回使うとツヤと色味がキープできます。

※染まり方には個人差があります

使い方や成分の説明が書かれた基本のパンフレットです。
初めて使用する前に、必ずお読みください。

白髪染めカラートリートメントを
チェックする